HOME >  会社案内 >  グリーン購入法適合商品 >  グリーン購入法適合商品

グリーン購入法適合商品

スライマックでは品質やデザインだけでなく環境に配慮した製品づくりに取り組んでいます。

LED照明におけるグリーン購入法基準

2001年4月1日に施行されたグリーン購入法(国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律 平成12年法律第100号)は「基本方針」を策定し、国等の各機関はこの基本方針に基づき、環境負荷の少ない物品等を調達するよう定められています。

“「環境物品等の調達の推進に関する基本方針」 照明 ”の項より抜粋

LED 照明器具

  1. (1)エネルギー消費効率は、器具全体効率で40lm/W 以上であること。
  2. (2)定格寿命は30,000 時間以上であること。
  3. (3)特定の化学物質が含有率基準値を超えないこと。また、含有情報がウェブ等で容易に確認できること。
  4. (1)分解が容易であるなど材料の再生利用のための設計上の工夫がなされていること。
  5. (2)使用される塗料は、有機溶剤及び臭気が可能な限り少ないものであること。
  6. (3)製品の包装は、可能な限り簡易であって、再生利用の容易さ及び廃棄時の負荷低減に配慮されていること、又は、包装材の回収及び再使用もしくは再生利用システムがあること。

備考)

  1. 次のいずれかに該当するものは、本項の判断の基準の対象とする「蛍光灯照明器具」に含まれないものとする。
    (1)防爆形のもの (2)耐熱形のもの (3)防じん構造のもの (4)耐食形のもの (5)車両その他の輸送機関用に設計されたもの (6)40 形未満の蛍光ランプを使用するもの(家庭用つりさげ形及び直付け形並びに卓上スタンド用蛍光灯器具を除く。)
  2. G23 口金に対応する安定器内蔵コンパクト形蛍光ランプを用いた卓上スタンドについては、Hf インバータ方式の照明器具とみなすこととする。
  3. 特定の化学物質とは、鉛及びその化合物、水銀及びその化合物、カドミウム及びその化合物、六価クロム化合物、ポリブロモビフェニル並びにポリブロモジフェニルエーテルをいう。
  4. 特定の化学物質の含有率基準値は、JIS C 0950:2005(電気・電子機器の特定の化学物質の含有表示方法)の附属書Aの表A.1(特定の化学物質、化学物質記号、算出対象物質及び含有率基準値)の含有率基準値とする。また、同基準値を超える含有が許容される項目については、上記JIS の附属書Bに準ずるものとする。なお、その他付属品等の扱いについてはJIS C 0950:2005 に準ずるものとする。
  5. 本項の「LED 照明器具」とは、照明用白色LED を用いた、ダウンライト、シーリングライト、ブラケット、ペンダントライト、スポットライト及び卓上スタンドとして使用する照明器具とする。
  6. 本項のLED 照明器具の「器具全体効率」とは、器具から出る全光束を定格消費電力で割った値とする(定格消費電力は、器具外部に独立型電源装置を設置する必要がある場合はその電源装置の定格消費電力とする。)
  7. 本項のLED 照明器具の「定格寿命」とは、光源の初期の光束が70%まで減衰するまでの時間とする。
  8. 本項の「LED を光源とした内照式表示灯」とは、内蔵するLED 光源によって文字等を照らす表示板、案内板等とし、放熱等光源の保護に対応しているものとする。
  9. 本項のLED を光源とした内照式表示灯の「定格寿命」とは、光源の初期の光束が50%まで減衰するまでの時間とする。
  10. 「再生プラスチック」とは、使用された後に廃棄されたプラスチック製品の全部もしくは一部又は製品の製造工程の廃棄ルートから発生するプラスチック端材もしくは不良品を再生利用したものをいう(ただし、原料として同一工程内で再生利用されるものは除く。)
  11. 各機関は、化学物質の適正な管理のため、物品の調達時に確認した特定の化学物質の含有情報を、当該物品を廃棄するまで管理・保管すること。

会社案内 About

お問合せ Contact